会報一覧へ戻る 

ロット・エ・ガロンヌ料理研修報告会
7月1日  兵庫栄養調理製菓専門学校
 2006年7月1日(土)の午後、市民の会法人会員である兵庫栄養調理製菓専門学校で、同校・市民の会・国際交流協会の3者共催による「ロット・エ・ガロンヌ料理研修報告会」が行われました。
 市民の会からの32名の会員さんをはじめ、合計50数名もの参加者で報告会は大成功でした。

 
研修報告会の第1部は、地下階段教室で、河野助役・専門学校理事長・上田会長(写真左から)の挨拶の後、アジャン市内のレストラン・マリオロッタでの研修報告が安見博志さんから、パン・ケーキ店での研修報告が飯田耕太郎さんから行われました。(写真右端は閉会挨拶をする武居・前会長)
 安見さんは、マグレカナールのポアレ(プルノー風味)の調理を報告されました。マグレカナールとは鴨のフォアグラ(肥大させたレバー)を取った後の胸肉のことです。
 飯田さんは、カヌレ(アジャン風)とクリームブリョレ(プラム入り)のデザートと、バケット・トラディションの製パンを報告されました。
研修報告を熱心に聴き入る参加者のみなさん(写真左端は報告されたパン・デザート・料理)

 第2部は、4階の広い教室へ移動し、専門学校関係者が調理された各種オードブル・盛りだくさんのフランス料理・そして色とりどりのデザートに舌づつみを打ちました。市民の会が用意したフランスワインも加わり、予定時間を1時間もオーバーするほど、食とワインと人々の交流で盛りあがりました。 
 
参加された会員さんから「1,000円の参加費でこんなに素晴らしいお料理をいただけるなんて、夢みたい!」と感嘆の声が上がっていました。
懇親会のオードブル 懇親会の料理
懇親会のデザート
かんぱ〜〜い! 盛りたくさんの料理が並ぶ
楽しく歓談する参加者のみなさん

<懇親会 メニュー>
◎ カナッペ   ・ロックフォールとプルノー
          ・フォアグラとプルノー
          ・づけ鯖とアボガド
          ・サーモンのツナ
 ◎ ピンチョス  ・蛸のガーリックソテーとポテト
             ・エスカルゴのプチシュー詰め
             ・ベーコンとプルノー
◎ ブルノーパイ包み
◎ クレーム・ド・シャンピニョン
◎ ラングスティーヌ、ソース・クリスタッセ
◎ パンタド リゾット添え ソース・トリュフ
 ◎ ブチトマトのチーズ詰め
 ◎ 鯛とフォアグラのソテー ヴィネグレットトマト
 ◎ マグレカナールのポアレ プルノー風味
 ◎ ラプロー ラタトゥイユ添
◎ デザート ・果物のタルトレット
          ・りんごのミルフィユ、シナモン風味
          ・カヌレ、アジャン風
          ・クリーム・プリュレ プラム入り
          ・アルマニャック風味のアイス
          ・ココナッツとミルクのアイス
          ・フランボワーズソルベ
          ・チョコレートのムース
          ・緑茶のムース
 ◎ パン   ・バゲット
          ・クルミとレーズンのライ麦パン
          ・カンパーニュ
          ・ケシの実の全粒粉パン
          ・プリオッシュ


 ◎ ドリンク 
・ワイン
          ・お茶